« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月31日 (火)

大した仕事はしていません(雑記)

私の仕事は、事務仕事。

でも、お金には触らない。使い物にならないから、書類のチェック。確かに書類のチェックは大切であり、金融マンなら信用にかかわる。お金をいただいている以上、しっかり努めているつもりである。

でも、皆が同じ気持ちであっても、必ずや誰かがどこかで間違えている。「絶対に間違いはありません。」と言い切った金融マンは、三井信託銀行の初代社長、米山梅吉翁だけであろう。

私が初見でチェックをする訳ではない。まず、お客さま本人が間違えている場合も多々ある。それを鵜呑みにしてパソコンに入力するオペレーターも間違え、それで上司が点検して、それでも違うケースがある。

モノによっても違うけれど、パーセンテージで私の頭の中では、ある一定の可能性があり、その間違いが私の考えている推定値より低い場合は、私がエラー、見落としをしている可能性があるからかえって怖い。

あとは、常識の問題で、川崎市内に、例えば、「エクセレントモトスミヨシ103」と書かれていれば、「エクセレント元住吉103の可能性あり」と朱書きして、係りの者に調べさせる。

また、アパートの名前なんかいい加減で、大体、「ベルセブン」の大家の名前は、鈴木七郎さんである。大層な名前の建物で「1507号」も、私は、東京都内に詳しいから、「あの辺りには15階の建物なんかないぞ」と判るから、「507号」の間違いか、ほらをふいて「1」を付け足したと判る。

かつて、私が、大学時代に借りていたアパートは、和田さんの敷地内にあり、特に名前も部屋番号もなかった。郵便で「和田様方」とするのが面倒で、自分で「ハイツ和田」と名づけてしまった^^

まあ、そのような仕事を基本的には8時30分から夕方6時15分まで続ける。目と肩と首が夕方になると痛くなる。でも、これで飯が食えていられるだけ幸せなのかもしれない。

(雑記にオチなし、おしまい)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年1月30日 (月)

疲れています(雑記)

肉体的にも精神的にも疲れのピークがやってきた。

この時期は、毎年、鬱も出てくる・・・

明日の夜、ゆっくり書きます。

(雑記にオチなし、おしまい)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年1月29日 (日)

今日の読書①(雑記)

うちから歩いて2分のところに島田市立図書館がある。

昨日、図書カードを発行してもらい4冊借りてきた。

9784163710709今日、読了したのは「裁判官から見た光市母子殺人事件」。まず、事件自体の異常な内容を知る。次に、刑事訴訟法の勉強になった。

いわゆる「永山基準」といわれる未成年者に対して死刑を許容する基準の整理が見事。著者は、元裁判官。

もちろん、永山事件の記録も以前、読んでいる。最高裁判所で、永山基準では、「~の場合、死刑が容認される」なのに対して、この事件は、「死刑の選択とするしか他はない」(易しく言えば・・・)であった。

最高裁判所が、強い世論を背景とした感がある。永山事件は4人の成人男性を拳銃を至近距離から射殺・強盗。最後に殺人未遂。光市では、23歳の妻と1歳の子供を死に至らしめ、女性を暴行、財布を強奪。

今まで2人殺人でも死刑、1人でも死刑の判決はある。問題は18歳の未成年者だから「少年法」の壁があり、なかなか死刑にならなかった。

永山の赤貧は第三者から見ても明らかであるのに対して、光市の場合は、母親は少年が中学生の時に自殺しているが高校には通える状態であった。

まあ、こういう本が読めることは、暇になってきたということか・・・

(雑記にオチなし、おしまい)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月28日 (土)

あれは面接ではない①(雑記)

私の順番が来た。ノックを硬く3回鳴らした。

私のひとつの側面「応援部・軍体調」で攻めようと考えた。普段は、なよなよしているが、TPOで使い分けることができる。

入ると机の上に見慣れた建物の写真が見えた。正直、「やった!」と思った。

「000番、軍神◎◎中佐、よろしくお願いします。」

「まず物件の説明を。近隣環境等は結構です。」

「白金台駅より北西方約550m、広さ約1,700㎡の二方路地に建つ、鉄筋コンクリート造7階建てのマンションです。」

「400号ですよね・・・」

「失礼しました。対象不動産はその4階にある鉄筋コンクリート造1階の、面積約200㎡の4LDKであります。」

「緊張していますが、いいですよ。リラックスしましょう。さて、いきなりですが事例はどこで入手しましたか?」

「指導鑑定士と一緒に市ヶ谷の東京会へ出向き取得しました。」

「何戸ですか?」

「21戸です。」

「はい、それでは効用比の査定はどうやって査定しましたか?」

でも、このあたりから想定していた「筋」とは明らかに流れが違う。この質問はもっと後になって出てくる核心部分である。

「まず、東京カンテイから分譲パンフレットを入手しました。デベロッパーは三菱地所、施工は前田建設工業。21戸のうち10戸が非分譲で・・・」

「非分譲?、何?、何で?」

「その経緯はわかりかねますが、土地の所有者がそこに住むこともありますし、優良顧客や利害関係者がそこに入ることはよくあることです。話は戻りますがパンフレットには分譲価格が明記されており、歯抜けの状態ですが、建物全体の価格の比率を査定することが出来ました。効用比は、通常、分譲単価比と賃料比率で求めることができます。本件では勿論、分譲価格比を採用しました。その単価について検討すると、本件、南側には都の公園があり約2mの壁で囲まれていますが、3階以上になれば眺望もよく、上階に行けば確かに効用が優れ、この分譲価格自体は妥当であると判断されます。」

すると横から、「あなたは2つ求め方を発言されましたが他にはないですか?この書面に数字が載っていますが、そこからも検討することができませんか?」

「(何言ってんだ?) この中の数字ですと共有持分と管理費88,800円でしょうか?」

「そうです」

(馬鹿かこいつは!!、その2つからは求められないの!!)

「すみません、勉強不足でした・・・」

(勉強不足はてめえの方だ!!)

「次に、埋蔵文化財の包蔵地について説明して下さい。」

「本件、工事に関して港区で試掘したところ遺跡が出てきました。ちなみに隣りの美術館の建設では遺跡は発見されませんでした。文化財保護法によって、この建物が取壊され、新たに建物を建てるときは、工事前60日までに届出をします。この点について港区に聴聞したところ、隣では出てきていないから大きな遺跡ではないと思われる。恐らく、立会いがあるかも知れないが、工事の工期、費用に大きな影響はないでしょうとの回答を得て、私もそのように考えます。」

「いいでしょう。」

(雑記にオチなし、つづく:業界人でなければ理解できないと思う)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年1月27日 (金)

轟沈!!(雑記)

多分、試験結果は「轟沈」!」

行くぜ轟沈!

http://www.youtube.com/watch?v=YN_DKE2V8BU

(雑記にオチなし、おしまい)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年1月26日 (木)

天気晴朗なれど波高し(雑記)

Zflag_06いざゆけつわもの日本男児!!

おお、マストには「Z旗」が・・・

落ちて虜囚の辱めをうけず・・・

【陸軍分列行進曲】

http://www.youtube.com/watch?v=ukZoEH0f9C4&feature=related

【日本海海戦】

http://www.youtube.com/watch?v=z_GL1r0CFCY&feature=related

【軍艦行進曲】

http://www.youtube.com/watch?v=fUdKEaTLl_c&feature=related

【早稲田大学第一応援歌:紺碧の空】

http://www.youtube.com/watch?v=n8S8MzQ2Dzc&feature=related

【早稲田大学校歌】

http://www.youtube.com/watch?v=EEFi12WNyfs&feature=related

(雑記にオチなし、おしまい)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年1月25日 (水)

もう勘弁してくだせえ(雑記)

やっとここまできたかーというのが正直な感想である。

お正月を3回迎え、まあ、その間、半年あまりはゆっくりできたが、いろいろと心の底にゴミがたまったような感じで、心が休まるという感じではなかった。心のどこかにいつも最終面接のことが気にかかった。

一番最初、大学院を卒業して、「不動産鑑定士の二次試験の勉強でも始めるべ!」と思い立ったのは、娘がまだかみさんのお腹の中にいた。それが今春、高校3年生。単純計算で17年。

その間、充実した期間もあった

が、鬱に悩まされ、おまけにアルコール依存症にもなってしまった。会社も超長期間休職させてもらった。

それもなにもかも、明日の20分間の面接で一応、終わる。落ちたらまた来年ということだが勘弁願いたい・・・

夕方、ご飯を食べに浅草駅方歩き出す。

201201251643000_2いつもは通り過ぎる浅草寺にもお参りしようと思い立ち、仲見世通りをぶらりする。

お賽銭は小銭を集め45円(しじゅうごえん)があるようにと・・・

さて、何をつぶやき頭をたれたかというと、「もう勘弁してください!」と言ってしまった。自分の正直さにあきれ返る。

そのあと、銭湯へ行く。名前は「骨蛇湯」450円也。

お湯の色がウーロン茶のようであった。

江戸っ子のたまり場のようなこの銭湯。

201201251704000ゆっくり浸かり身体を洗うと垢がぼろぼろ・・・

ノンアルコールビールを飲むとうまうまである。

試験が終わったらスーパー銭湯へ行こう!!

(雑記にオチなし、おしまい)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月24日 (火)

もう東京入りしています(雑記)

今日の昼の新幹線で上京して、中央区役所でちょっと調査をしてホテルに入り一眠りした。

試験は、明後日のお昼。

皆さんから、「のぶさんは落ちませんよ!」と誰からも言われる。だが、万が一の場合も想定されるし、23物件のうち、あまり納得のいかない鑑定評価書もある。

まあ、あまり嘘はつきたくないので、一応、全部の事項に関して見るべきものは見たし、行くべきところにも行った。

なんとなく、マンションが当りそうな予感があり、次いで賃貸物件だろう。

面接においては、自分が書いた評価書の要約書2枚が提出させられていて、面接室に入ると机の上に2枚のA3用紙が置かれている。だから暗記が不得意な人は、あらかじめその用紙に詳しく記述すればいいが、一旦、書いてしまったら証拠となるので、とっさの対応ができにくくなる。うちのスタイルはできる限り書かないという方針だったからだ。

でも、昨年やった案件で、貸しビルが万床だったのが今日見たら2フロア空いていたし、地下のイタリアレストランが韓国風居酒屋になっていた。

去年の面接で、「どのようなテナントが入居していましたか?」と聞かれたり、どうでもいいことを聞かれたりする。

「掃除の状況はどうでしたか?」と聞かれたら、「テナントは美容室であったから、当然、保健衛生の面は法律で定められており、お客が女性なので、当然、掃除は行き届いていました!」と答える。

「外観調査によると、建物外壁に剥離、クラック、汚損等はなく、エントランスホールは御影石タイル貼り、便器はTOTOのヲシュレット・・・、エレベータはーは三菱・・・、保守管理は三菱ビルテクノサービス・・・」

もう、この文言を何回、唱えたことだろう・・・

明日は、若干の数字の暗記。アバウトでいきましょう。

(雑記にオチなし、おしまい)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年1月23日 (月)

准子の部屋④

さあ、ネタがない。

この准子の部屋の准子のお父さん(故人:婿)は、地元の信用金庫の支店長代理あたりの肩書きで別の会社に誘われて退職している。結構、まめな人で几帳面にノートなどを残している。

201201182213002まあ、金融マンだからといってはなんだが、残された本の中に10冊ほど「近代セールス」という雑誌が残っていた。

その一冊の表紙は、倍賞千恵子であった。この写真を見れば判るように、明らかな合成写真である。

このような本の中身は、「預金を獲得するには・・・」、「支店長の心得」、「顧客獲得の新しい手法」、「優秀店紹介」なんて記事が載るのが相場である。

勿論、馬鹿馬鹿しいから私は「買って」読んだことはない。タダで数冊、読んだことはあるが馬鹿らしいし、嫌悪感さえ催すからここ20年以上は読んだことはない。

読んだところで私の仕事は、全然、金融とは畑違いのキャリアだったし、役にも立たない。

もし私が上司なら、「何か一つの分野を体系づけて勉強しなさい」というだろう。例えば、「民法の物権・債権」や「財務諸表論」、「マクロ・ミクロ経済学」等で、これを修士レベルまで何年かかってもやり遂げること。

そうすると、他の分野の仕事・勉強についても、「これをこうするとこうなる」ということが判る。そうすると難解な戦略書もすらすら読めてくる。

私も、不動産の鑑定は今週いっぱいまで。次週からは、新しい分野の勉強と読書を始めてみたい。

(雑記にオチなし、つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月22日 (日)

はんこについて(雑記)

私は、お客さまのはんこを捺した書類を1日、数百件を見て検印する。

はんこの改印の理由も、「欠けた」、「なくした」、「結婚した」が三大理由。でも、結婚があれば離婚もある。離婚の場合は、ため息が出る・・・

隣りのベテランが、「直に慣れるよ・・・」と言ってくれるが、切なくなる。

でも、名前と関係ない文言を彫り込んだ印鑑や白鵬が使うような大きい印鑑のお客さまもいることはいる。「文言系」は、なかなか面白い^^、でっかいのは枠からはみ出してかっこ悪い。

さて、昭和63年に入社して研修が4月半ばを過ぎたとき、「帰省したら印鑑を作ってきて下さい。大きさは支店長より大きいと嫌味の一つも言われるから、新入社員は、一応、直径9ミリが妥当な大きさです。なお、使う印鑑は届出をするから失くすと大変です。裏技としては2本、同じものを作っておくと後年、きっと役に立ちます」と言われた。

早速、はんこ屋に行ったが、オーダーメイドは高く9ミリ1本だけ作った。

でも長いことこの商売をやっていると支店長より立派な印鑑を捺している輩もいることはいる。でも、その後、基本的にはオーダーメードのシャチハタで社員、支店長、そして代表取締役も「OK」となったので不具合は見られない。

さて、支店に配属になって、「給料を振り込む口座を作って下さい」と庶務の方に言われたがはんこが9ミリのものしかなかったので、それを捺して作ってもらい、以後、それが金融印にもなった。

それで、この引越しでその印鑑とアルバム1冊が行方不明・・・

金融印だけは、住所変更、印鑑紛失・再作成の届けを出さなければならないので、今日、近くのはんこ屋に出かけた。話を聞いてみると9ミリの印鑑は銀行印には適さないということ。実印も見てもらい、実印の直径が15ミリだから12ミリが妥当とのこと。

名前は苗字だけか名前を入れるかになり、今までのはんこ時代はお金がたまらなかったので合計4文字にして下さいとする。

材質は黒牛の角にしてもらった。

それで、「書体や何かご要望はありますか?」というので、「書体は今までどおりですが、私の名前を書くときの癖で『信』の『言』の一番上が、縦ではなくパソコンのように横に線を引くのが癖なのでそうしてください」とリクエストする。

「分かりました。この印鑑の特徴とさせていただきます」と丁寧なやり取り。

このはんこ屋は昔から島田市役所の交差点の反対側にある。結構、評判がよく今日もお客がお見えになった(本来、日曜日はお休み)。

はんこの値段1本、18,000円(手彫り)である。

(雑記にオチなし、おしまい)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年1月21日 (土)

雑用に追われた一日(雑記)

今日は、雑用をこなしていたら一日が終わってしまった。

内容は、以下のとおり。

①郵便局へ行き、鑑定士論文を簡易書留で送る。420円也。

②ガソリンスタンドで灯油2本を買う。

③TSUTAYAで返却し、在庫が無いものがあったので取り寄せてもらう。1枚借りる。100円也。

④ノンアルコールビールを1ケース買う。2,780円也。

⑤近くの動物病院へハムスターを連れて行き、注射を1本。500円也。

⑥電車に乗って清水駅へ。心療内科クリニックへ眠剤を調達約2か月分580円也。※混み過ぎ・・・

⑦踏み切り近くの「高田さん」へ黄金まんじゅうを買いに行く。20個に1個おまけがつき2,400円也。

⑧電車で歯医者に行く。正月におもちを食べていたら金属ポロリ。幸い飲み込まず、ボンドで付け直してもらう。840円也。

通常、土曜日は完全休養日だが、今日一日は雑用に追われる。

(雑記にオチなし、おしまい)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月20日 (金)

准子の部屋③(雑記)

201201182214001疲れて寝てしまった。本文は明日、追記します。

追記

昨日から同じ部署内で係変えがあり、はんこ、スタンプ、カッター、糊を仕事道具とする部署から、壁を隔てた反対側の係りに移った。

糊とカッターの係りは2ヵ月位でお役御免。元々は、仕事がたまっていた部署で、「ファイトマン急募」に応じ参加して、この2ヵ月は、いつの間にかこれが本業となってしまった。

でも、仕事は他人の目から見ても速かったという。もう、数日前には、「そろそろ、◎◎の時間だよ!ブツはできているの?」と発破を」かけていた次第であった。

そうしたら木曜日の朝、その係りの女性陣が反対側のデスクに菓子折りを持って挨拶にやってきた。

「のぶさんのおかげで助かりました。休み時間にも仕事をしていたこともみんな知っていますよ。今までありがとうございました」とご丁寧に・・・

そうしたら、後ろの望月さん(仮名)が、「長年いるけれど、ただ、係りを変わって菓子折り持ってきたケースなんて初めて見ました。のぶさん、結構、仕事してたのですね!」と。

「当たり前ですよ!やるときはやるの!」と。

でも、次の仕事・・・ なんだか面倒なんですけど・・・

(雑記にオチなし、おしまい)

(雑記にオチなし、つづく)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年1月19日 (木)

准子の部屋②(雑記)

昨日の「よいこ」の裏面は何か?

普通なら、「明治のキャラメル」、「グリコ!」だと思うが全然違った。

裏表紙は、「神戸銀行」の宣伝広告であった。何で・・・

201201182217000さて、私も金融マン。どの銀行がどうなったか、大体の道筋は判っている。

私が、物心ついた頃には、既に「太陽神戸銀行」であった。勿論、合併したのだ。

その後、バブルの崩壊後、三井銀行と合併し、「太陽神戸三井銀行」と長い名前に変わって言った。それで、「名前があまりにも・・・」ということで、「さくら銀行」と改称した。

私が、信託銀行に研修に派遣されていた頃は、さくら銀行であったが、他の社員と「太陽神戸の人たちは?」の行方話になったところ、その頃は、まだ、神戸銀行、太陽銀行の人たちも若干、残っていて関西方面で、集金業務等の雑用に回っていたようである。

住友銀行が平和相互銀行を吸収合併したケースでは、両者の文化が余りにも違いすぎた。住友では、顧客のことを「◎◎さま」と呼んでいたのに対し、平和相互では「◎◎さん」と呼んでいた。

勿論、住友の社員と平和相互の社員では能力もパワーも違いすぎ相手にならなかった。でも、平和相互の社員は、結構、すんなりと辞めていった。それは、平和相互の社員のお宅は、既に都内に家を構え、無理して働かずに済む金融機関を志望して平和相互に入社したのだ。

だから丁度、バブルの時期にさしかかり、家を売れば簡単に「億」の単位のお金を懐にした社員が大半で、辞めても生活に困った者はいなかったようだ。

それで、さくら銀行も住友銀行と合併して「三井住友銀行」になった。

幾らなんでも、もう、「神戸銀行」の社員は居ないだろう・・・

(雑記にオチなし、つづく)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年1月18日 (水)

准子の部屋①(雑記)

来週、黄桜特別攻撃隊は、上京し孤軍奮闘することとなろうが、返り討ちに遭い、もはや虜囚の辱めを受けることなく靖国神社に直行しなければならない可能性もある。

それよりも第一、ここ数日は、忙しいのである。

そのため黄桜特別攻撃隊、一番機長、軍神◎◎中佐が最後のメッセージを送ろうと思う。

題して、「准子の部屋」。この家は、実は借家なのである。空き家になってしまって、家が傷むということで路上生活を余儀なくされていた「のぶ家」が格安の家賃で住むこととなったのであった。

それで、そもそも、生活用品が全て家主の物が揃っており、のぶ家の家財道具はほとんど捨ててしまったのである。

逆に、押入れなどを整理していたら、「レア」な雑誌等が保存されていることが判った。そのようなことで、ここ数日、「准子の部屋」と題し、そこからネタを引っ張ってきた次第である。

201201182213000 まずは、「よいこ」。現在、50歳になってしまったきれいな准子さんが読んでいたと思われる小学館の雑誌。当時170円也。

既に廃刊か・・・

「小学◎年生」は、小学館の看板雑誌であったが、今年、全ての学年で廃刊となることが決まった。

私が7年ほど前、仕事のため調査したのだが、その時、既に「蛍雪時代」は廃刊となっていて、「小学◎年生」も、1年生はそこそこ売れていたのだが、学年を経るうちに発行部数が落ちるという減少傾向にあり、小学館の存在意義が問われる事態となっていた。

もう、「小学4年生」あたりになると塾に通ったり、ゲームで遊んだりして、もはや「ドラえもん」どころではなかったのである。

※こんなこと書いていないで勉強しなさい!

(雑記にオチなし、おしまい)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年1月17日 (火)

続・今年の年賀状で(雑記)

新潟県の西村さん、読んでますか?

西村さんも残り1年です。頑張ってください!

さて、年賀状をくれた女の子に礼状を差し出したら、携帯にメールが入った。「誕生日は??」と手紙に書いていたのだが、今月の27日だそうである。

まあ、「せっかく、誕生日を教えたのに、そう日が経たないのに何もくれない・・・」と思われたら大和男児として沽券にかかわる。

でも大の男が電車に揺られ花束を持っていたら気色が悪いし、相手もあることだから失礼だろう。まあ、ネットの花屋さんで何かチョイスしようと思う。

まあ、イメージでいうと「薔薇」、「赤い薔薇」って感じではなく、「蘭」って感じかな・・・

薔薇を歳の数だけ送ったら48本。とてつもない金額になってしまうだろう。まあ、ケチらないで蘭でも用意しよう。

(雑記にオチなし、おしまい)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年1月16日 (月)

今日は論文のお題発表(雑記)

さて、いよいよ来週、面接が控えているのだが、実はそれだけではなく小論文を1週間で書き上げ郵送しなければアウトなのである。

それで今日の朝10時に鑑定協会のネットで「お題」が発表されることになっているのだが、毎年、この時間がズレル。

私は、帰宅するまでパソコンを見ることができないので、仲間に「お題」を携帯へメールしてもらうことになっていた。

昼休み頃、携帯に連絡があり驚いた・・・

「え、これだけ・・・ ①は、常識で、②は、自分の作成した鑑定評価書の最後の部分の要約で1,000字ぴったり・・・」

昼休みが終わる頃には、骨子を仲間に連絡すると、「そうだよね・・・」と相成った。

元々、この論文で合否が左右されるのは、合格すれすれの受験生で、面接が全うな受験生の論文は採点しないとも言われている。だから「まあまあ・・・」でいいのである。

8時に帰宅し、ご飯を食べて風呂に入って、パソコンで入力したら、この時間に出来上がり。

まあ、とある先生に、明日、FAXでもして、見てもらおうか・・・

これで気分が少し楽になった・・・

面接の勉強しましょ!

(雑記にオチなし、おしまい)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月15日 (日)

今日もすんません(雑記)

最近、忙しいし、兎に角、眠い・・・

1月26日をクリアするまで勘弁して下せえ・・・

※明日、追記します

(雑記にオチなし、つづく)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年1月14日 (土)

すんませんでした(雑記)

この記事は日曜日のお昼に書いたもの。土曜日の分は書くのを忘れて寝てしまった。

先日、島田の病院に行って、腎臓のエコーと検尿及び血液検査をしたと書いた。

それで、それらの検査をする前に問診票を書いた。今までの病歴と怪我、手術である。

飲酒の欄には、「昔は大量に飲んで入院した。2年半断酒している」と書いた。ドクターは全然、気にも留めなかった。

検査結果は、「大騒ぎする病気にかかっている兆候はない。但し、脂肪肝の傾向がみられる。食事と運動に留意するように」であった。

でも、私は基本的には一日一食だから、運動で脂肪を燃焼するしかない。1月は、試験のことでもやもやしているから、2月になったら清水のテルサに行くか、藤枝駅前のジムへ通おうかとも考えている。でも、藤枝の会員制のジムは結構な値段をとるようである。

まあ。三日坊主にならないように気長に考えましょう。

(雑記にオチなし、おしまい)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月13日 (金)

今年の年賀状で・・・(雑記)

今年の年賀状、1枚だけ高校生のとき好きになった女の子のところに写真入の年賀状を差し出してみた。

すると、儀礼的としては出来すぎの可愛い年賀状が届けられた。「もう、高校を卒業して30年が経ちました」とあり、その年月を再認識した。

その女の子は、結局、幼馴染のような男性と結婚し、自宅と同じ町内に住んでいて、郵便が届くのであるから、お宅を訪問しようと思えばどこかすぐにわかる。

蓬田君(仮名)によれば、「よく、スーパーで逢うよ!」という。

それで、その年賀状、字が今風の女の子の書体で、とても48歳のおばさんが書いたとは思えないもので、文中に高校を卒業して・・・という部分が無ければ「浮気」でもしていると思われても抗弁できないものである。

新幹線の中、20分、たとえお義理にしても、勝手に差し出した年賀状に対して、年賀状を差し出してくれた彼女に、丁寧な礼状を書いてみた。

すると、日頃の鍛錬の成果がでて巧い文章が出来上がった。最近、いろんなパターンの文章がすらすら書けてなかなか楽しい・・・

でも、何せ下手な字なのでパソコンに入力して、ちょっといい紙を使って印字した。封筒は茶封筒で出したら「見積書」になってしまうので島田の文房具屋でおしゃれな封筒を買い求め、切手を貼って、今朝ほど、ポストに投函した。

私が知っているのは名前と顔だけ。アドレスも誕生日も知らない女性である。

まあ、山羊さん郵便にならないことを祈るばかりである。

(雑記にオチなし、おしまい)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年1月12日 (木)

私の机のイメージ写真(雑記)

201201120831000これは、あくまでもイメージ写真ではあるが、リアルにデスク廻りを再現している。※社内撮影ではない。

多分、9時頃の現場のイメージである。これから30分も経つと、机の上が書類と封筒の束で籠が一杯になっている。中身を確認して、もう一度、他の人の目で確認して封筒に糊を貼ることができる。だから、糊の登場は、10時過ぎのこと。

それからはスタンプの世界。右の書類と左の書類の電話番号等が一緒か否か、瞬時に見分ける。番号、氏名などの頭に「豆印」を捺しながら検印する。周りから見ると、すんごく速いらしい・・・

切りのいいところで1時間の休憩を取りたいがなかなか休めないし、不動産鑑定士の資料も読まなければならない・・・ 最近は、「硫黄島」でのコーヒータイムもない。

午後になると、山崎のおばちゃんが「封筒の開封作業手伝って~」と来る。この作業は、本当に鯵を三枚におろす感じで、周りから見ると「かっこいい」らしい。

これを30分強で終わらせると、他の係りのお姉さまからプレゼントが来る。書類の精査。凄く目が疲れ、肩が凝る。これを2時45分までやり、残りは4時から。

2時45分から発送書類の発信番号を打つ。順番に来てくれればいいのだが、そう旨くはいかないので手間取り4時過ぎまでかかる。

それから、仕事量、明日の予定を勘案して残業をするか否か検討するが、今月は試験があるので極力、定時退社である。

そうなると、新幹線は、「ひかり号」で。はやいはやい ^^

(雑記にオチなし、おしまい)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年1月11日 (水)

今日はばてました(雑記)

私は、一応、とある金融商品の形式的審査をコアとしているのであるが、その仕事は少ない。「応援」と称して、繁忙の部署を助ける役目が大半である。

だが、年末で、とある部署の仕事が掃けてしまったので、ぶらぶらしていると部長に目を付けられるから、簡単にできそうな仕事を先回りして行っているのだが、そうやって助けに行くとあてにされて困る。

私は、「一心太助」であり、常に助けられると思われても困る。たまには精神的にも肉体的にも辛いこともある。年がら年中、お気楽の境地には至っていない。

さらに、明日は部長の会議の持ち帰り説明で残業が待っているし、金曜日も月曜日の負担を軽くしたいので残業をする。

実は、月曜日に不動産鑑定士の最終試験の論文のお題が発表され、1週間で1,000字の論文をまとめなければならない。まあ、分量は少ないのが救いであるが、面接の準備もそろそろしなければ拙いであろう・・・

(雑記にオチなし、おしまい)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月10日 (火)

今日は何故か4連休(雑記)

今日は何故か4連休。

1ヵ月前、おやじとかあさんを連れて島田の市民病院に連れて行って、「お父さんの次回の診察は、私の担当が火曜日だから1月10日にしましょうか」、「はい!」と答えて、会社のカレンダーを見たら、成人の日が1月9日。結局、4連休となってしまった。

先月、私が腎臓内科のドクターに、「私のケースで恐縮なんですが、小学生の頃から検尿で潜血反応で引っかかるのですが・・・」と説明すると、「潜血反応にタンパクも出ているとまずい。来月、診ましょうか・・・」と予約を入れてしまったのである。

私が、まず、午前中に血液検査、検尿及び腎臓を中心にエコー検査をする。エコーは、若いお姉さんで、生暖かいローションを垂らされ、ぬるぬるされた(嘘です・・・)。

結果、「エコーでは肝臓に若干の脂肪が付着するも、腎臓の変異は見られず。検尿は、潜血±で、マイナスではないが、黒ではない。今回は赤血球が無かったので、どこからでてきた血であるかは判らない。血液検査は腎臓関係は問題なし。体脂肪を燃やして下さい」とのこと。「まあ、半年後に、気分が落ち着けなかったら来て下さい」とのこと。※γは27。

会計(クレジットカード払)を済ませ、一度、帰宅しおやじとかあさんを病院に運ぶ。かあさんに、「おやじはまかせたから俺は駐車場で寝転ぶから・・・」と突き放す。かあさんは人を頼りにしすぎる傾向が見られる。

私は、車の車庫入れに勤しむ。適当に空いていたので練習にはもってこい。どうにかバックでも入るようになった。

それで、かあさんから電話があって、「院外処方の薬屋へ・・・」となったのでおやじを載せて薬局へ。かあさんがお姉さんに何か説明されていたので、「下手」されると困るので飛び込む。やはり、「ジェネリック」の説明で、かあさんは「純正を」選択しようとしていたので、「ジェネリックで結構です!」と釘をさす。

その後、かあさんに余程、変わった薬でない限り、おやじにはジェネリックで十分であると説明し、以後、ジェネリックと徹底させる。

その後、帰宅後もケアマネージャーとの打ち合わせ等・・・

細かい指導までしなければならず、大変なのだ・・・

(雑記にオチなし、おしまい)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年1月 9日 (月)

せこい話ですが・・・(雑記)

先日、灯油を入れにガソリンスタンドに行ったらお兄ちゃんに、「テールランプが切れている。工賃なしの420円」ということは話をした。

今日は、かあさんの部屋の蛍光灯がパカパカしているから、直して欲しい(買ってきて欲しい)とのこと。

在庫を調べるとサイズ30と32は複数あるが40が1個もない。サイズ30と豆電球は在庫を使い、40は近くのホームセンターに買い物に行く。車庫から車を出そうとすると、ガソリンスタンドの兄ちゃんの言葉を思い出す。

工具箱があったのでテールランプがどうなっているのか見てみたかったので、ドライバーで明けてみる。すると片側3個の電球?で構成されていて、それぞれが別のもの。何で別なのだろうと思った。

ホームセンターで40サイズの蛍光灯を選ぶがパナソニックや東芝だと1,280円でNECだと1,080円。かあさんは、その部屋では寝るだけなので何でもいいでしょうと思い、安いNECを買う。

自動車部品コーナーへ行くと切れていたものは2個で440円であった。1個売りはない。こんなもの1個づつ売っていても商売にならないし、車好きの人は一緒に両方、取り替えると考えた商売なのだろう。

少々、迷ったがガソリンスタンドで変えてもらうことにした。簡単に言えば2個目は何時、使うのか?である。もうおんぼろ車で何時、お釈迦になっても不思議ではない。だから2個目の電球をこの車で使用する可能性は低いのである。

まあ、せこい話であるが、塵も積もれば大和なる!

(雑記にオチなし、おしまい)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年1月 8日 (日)

また、奥歯の詰め物がとれた・・・(雑記)

今朝、お餅を食べていたら、お餅にひっついて奥歯の詰め物の金属が取れてしまった。

間接的な原因は、歯軋り。会社に行くと(通勤時間も)歯軋りが始まる。

明らかに会社にストレスを抱えている様子が見て取れる。

休職中は、しょっちゅう歯医者に行っていたが、復職してからは土曜日にしか行けない。今度の土曜日に予約を入れた。島田から草薙経由か・・・

それから灯油を買いに出かけたらガソリンスタンドで、「テールランプが壊れていますよ。420円ですが・・・」と言われた。2ヶ月前に兄貴に言われていたことを忘れて修理していなかった。自分で直すと幾らだろうか?

(雑記にオチなし、おしまい)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年1月 7日 (土)

元旦から1週間経つが・・・(雑記)

1日100回できること。

腕立て伏せ、腹筋、背筋運動、スクワットなどなど・・・

勿論、やってはいない。そもそも無理な計画は元旦には誓わない。

まあ、酒を止めているのが関の山・・・

同僚には、ほぼ毎週、どこかのマラソン大会に出場している奴や、これは意外だと思ったのは、同期の庄司が階段を1段抜かしで登っていること・・・

まあ、庄司には負けたくないな・・・

俺もやろうか・・・ 無理かな・・・

さあ、マッケンジー体操でもやって寝よう(土曜日は、完全休養日)。

(雑記にオチなし、おしまい)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年1月 6日 (金)

どちらが楽か?(雑記)

サラリーマンと自営業者、どちらが楽か?

私は、サラリーマンの方が楽だと思う。うちは、元々、先祖代々、大工の家系で、それを辞めてまでしてサラリーマンになった。これは、多分にかあさんの影響が強い。

かあさんの父親は、製造業の資材購入担当のサラリーマンであった。それが、大工の家に嫁ぎ、大変苦労を強いられたから、私たち兄弟は小さい頃から、「学校を出て、公務員か堅気のサラリーマンになっておくれ・・・」と育てられた。

例えば、大工は、暮れも早くから仕事を切り上げたり、年始は、長めの休みを取る。そのため1月の稼ぎは少ない。2月はもともと日数が少ないから稼ぎは少ない。それとは逆に、支払は大の月、小の月で差は殆ど無いから、このあたりの資金繰りは大変なのである。

サラリーマンは1月は、正月があるから休みが多いし、2月も恐らく労働日数は少ない。でも、給料は同じだから、特段、資金繰りが苦しくなることはない。

正直、私とかあさんは、資金繰りに悩み、「ちょっと壁が崩れる程度の地震が来ないかな~」と祈ったこともあった。家がぺしゃんこになったら可哀想だから、小さく家が傷む程度の地震がこないかと考えたのである。

私は、浪人時代、ラーメン屋で働いていて予備校に行かなかったのだが、その時、大将が、「うちはほどほどのお客さんが来てくれるから気が休まるけれど、客が来ないラーメン屋のオヤジなんて気の毒だよ。たまらんよ・・・」とつぶやいた。

まあ、ラーメン屋の大将はイレギュラーの口で、一般は、客の来ないラーメン屋のオヤジと考えたほうが無難であろう・・・

(雑記にオチなし、おしまい)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年1月 5日 (木)

職場内でも天下の素浪人(雑記)

私の会社での事務仕事は、当初はとある金融商品のチームのリーダーであったが、降格してその書類の事後検査役となる。でも、そんなに金融商品が売れる訳でもなく、速読すれば1日20分で仕事が終わってしまう。

そこで、住所変更・電話の変更の入力チェックの仕事を兼務するようになったが、これも慣れてくると1日1時間30分で終わってしまう。

そこで、年末は忙しい部署の応援ということで、糊とハサミとカッターナイフ、スタンプをお道具とする部署に張り付いていたが、最近、手馴れたものでその処理能力もアップして時間を持て余し気味で、その部署も若干、余裕がでてきた。

そうしたら、年初の朝礼で、部長が、「仕事がはかどっていない部署はあるか?」と聞いたら、とある部署が約1ヵ月分の在庫を抱えているので、余裕のある者は手伝いなさいということになった。

こういう仕事は、最初に手をあげないとダメ。交渉の仕方としては、「できる限り頭を使わないで単純な仕事を下さい!」とすりすりする。まあ、最初に応援に駆けつけてきた人に悪いことはしないだろう。後から行くと、難しい仕事が待っている・・・

それで、すりすりしたら今日は、2時間分の仕事をくれた。だが大変、肩がこり、目がしんどくなる仕事であった。お姉さんに、「2時間やったけれど凄くしんどい・・・ この仕事は一人にやらせないで数人で分割させないと効率悪いよ」とアドバイスする。

「今日の仕事は、いつもの半分か3分の1。大体、6時間べったりかかりますよ」と。

まあ、この仕事に掴まっていれば、放り出されるようなことはあるまい・・・

でも、面接の日まで、力を温存し、ゆっくり仕事をさせてもらい、2月に挽回したい。

(雑記にオチなし、おしまい)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年1月 4日 (水)

世の中はまだ正月気分(雑記)

昔から1月4日から働くのは嫌だった。特に東海道本線の上りのホームには、いかにも金融マンという風貌の輩しか乗車しなかったときは悲しかった(清水から熱海へ通っていた電車)。

財閥系信託銀行の不動産部なんて、年末を早仕舞いして田舎に帰省する人や、年始は出社しないのが当たり前のような感じであった。不動産部なんて年末年始に物件が動くわけではないので、別に業務に支障は出ないのである。

まあ、今日は、一般の営業店は大変だけれども、私のような「傘貼り浪人」に直接、仕事が来るわけではない。暇しているのは、私だけではないし、昨年の仕事は、勿論、昨年末には片付けてあるから本当に仕事がない。だから、また糊を補充して歩き、そのついでに「挨拶」を交わしていた。

まあ、年始だから、「明けましておめでとうございます。本年も・・・」だが、私は腰が悪いので、お辞儀がしんどい・・・ 普通の人のスピードで腰を曲げていたら顔が歪んでしまう・・・

だからこちらからいつもの部署を渡り歩き、片手会釈で、「今年もよろしくね」とふれてまわった。本来は、私が挨拶される方なのだが、丁寧な挨拶に付き合っていては私がしんどい。だから先手を打って回ったのであった・・・

でも、何故かBGMが「春の海」なんだよね・・・

正月モードを打ち切るには、こういうBGMはやめた方がいいと思うのだが・・・

誰の趣味だ?

(雑記にオチなし、おしまい)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年1月 3日 (火)

桜田門外の変(雑記)

誰しもが、「これが正月でなかったら・・・」と思ったことだろう。

Images大晦日の夜、警視庁に「平田信です。出頭しました。」と出向いたところ、いつも警備にあたっている機動隊員が、「あっちへ行け! 丸の内警察署!」と右手の指で方向を指し示したことだろう。

実は、平田信の罪状は大したことはない。監禁致死だから17年も逃げ回る必要はなく、早めに捕まっていれば、今頃は刑期をとっくに満了している。

しかし、その平田の出現で、オウムの関係者の死刑執行はほぼ停止してしまう。下手をすれば5~7年は死刑執行が無いだろう。

例えば、平田の公判で、平田が、「麻原の指示でやりました!」と言えば、麻原を刑務所から引っ張り出してきて、尋問をしなければならないし、他の死刑囚の名前を出すたびに、こやつらを引っ張り東京地裁へ運ばなければならない。

麻原など病気がちなので、早めに死刑執行を望んでいた公安としては、「病死」で死なれたら面目丸つぶれなのだ・・・

それに、手間もコストもたまったものではない。反対に、「死刑か・・・」と思って観念していた受刑者は、あと5年、7年、生きられる。外の空気を吸える・・・

それだが、「あっちへ行け!」とは、取り逃がした以上の大失態。折角、出頭したのに、「お前は馬鹿か?」と相手にしなかったのだろう。

恐らく、大晦日の正面玄関に立つ機動隊隊員なんて、20代の巡査か巡査長レベル。事件が勃発した頃は、まだ小学生だっただろう。勿論、もう警視庁には居られないだろう。直属の上司も、残念だが職務停止あたりは食らうであろう・・・

ただでさえ、捜査一課と機動隊は仲が悪いのに・・・

まあ、捕まえられなかった一課も一課だけど・・・

(雑記にオチなし、おしまい)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月 2日 (月)

くだらないテレビ番組など・・・(雑記)

最近、くだらないテレビ番組が多すぎる。制作費を安く抑える為に若手芸人を数多く集めて、内輪の話に終始する。

私もかあさんは、当然見ないし、おやじもギャグが判っているようで多分判っていない。

まあ、よく見てスポーツ、箱根駅伝くらいだろうか・・・

天皇杯も清水エスパルスが出場しなかったから見ないし、箱根の駅伝も長丁場だから見なかった。最大のお楽しみの大学ラグビーも早稲田大学、明治及び慶応が準決勝に進めなかったので見なかった。

さて、天皇杯なら国立競技場が満席になるだろう。ラグビーも早稲田VS明治ならほぼ満席になるだろう。しかし、帝京対筑波のカードなんて人が入らない・・・

最近、試合前に校歌斉唱が行われるが、早稲田大学の校歌は響き渡るが、帝京の校歌は???

ちなみに、この入場料であるが、ある一定割合額がそれぞれの大学に配分される仕組みになっていたはずである。だから、大学ラグビーは、学生スポーツの鏡のように言われるがそれは大きな間違いである。

主催者側としては、伝統校4校、早稲田、明治、慶応、法政・同志社が集まって試合が組まれることを期待するのである。そうすれば、各大学への分配金も多いだろうし、主催者関係者も「無駄遣い」できるのである。それが今年は4校が全滅で客の入りが悪く、頭を抱えていることだろう・・・

まあその結果、私は、昨日も今日も、森田療法「絶対臥褥」に徹していたことだけである。

(雑記にオチなし、おしまい)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 1日 (日)

あんたは美味しい仕事しかしないのね!(雑記)

【口 上】

新年、明けましておめでとうございます。昨年末は、肉体的、体力的にヘタリましたが、今年も少しでも面白い話題、鋭い指摘を毎日、かましたいとおもいます。どうぞよろしくお願い申し上げます。

【いつものこと】

今日は訳ありで別居している妻子とあった。かみさんは、病院事務だから先月末の「勘定」を締めるため、3日には出勤なのだ。でも、出勤手当ては1,500円という・・・

「のぶちゃん、今度の仕事は?」

「全部の営業店から集められたある金融商品の売買書類・記録のチェック、住所変更・電話番号の変更の入力チェック、郵便物の宛名と内容物のチェックと封筒の糊貼り、とある郵便物の開封作業とその返送作業。使うものは、カッターナイフと糊・・・」

「え、またそんな仕事なの?」

「そうだよ、頭は使わない・・・」

「そんなのパートさんの仕事で時給800円よ。私と代わってよ!、それにしてもあんたは入社以来、美味しい仕事ばかりしてきて、今度はそれ? ボーナスなんかもらえるだけ有難いと思いなさいよ! それにしても、ホントあんたにはそういう仕事しかもらえないのね・・・ 大学院に2年行って遊んでいたし、信託銀行は3年9ヵ月、残りも研究所と休職でしょ!」

「だって仕方が無いじゃん、やりたい!と訴えたのは信託銀行への派遣要請だけで、残りは会社が決めたことだもの。残業だって能率よく仕事をすればしなくても支障がないもの・・・ そりゃあ、残業代が稼げれば少しでもやりたいけれど無いんだもの・・・」

「今年は、娘のために頑張ってね!!」

「はーい・・・」

「お前は、どう?」

「神戸の女子大からは、もうこの段階で推薦もらえるから、受験勉強しなくていいよってガイダンスの担当者から言われてる。ソフィアは、あなたのような学生に是非とも入学してもらいたい。多くの学生が、宗教の授業などないがしろにしているのに、あなたはそういう科目も手を抜かないでこの成績をとっている。大学の方針から言えば、あなたのような学生が理想。今年から推薦枠を5名にするから、英語を頑張ってくれれば枠に入れるって・・・」

「あそこの英語は大変だよ・・・ 何とかっていうテストも頑張ってみては?」等々・・・

まあ、私としては26日の試験に合格するしかないのだが・・・

(雑記にオチなし、おしまい)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »